香水を購入、使用する前の心構えについて

知れば知るほど気になる!香水豆知識
自分に合った香水選び
シーンに合わせた香水選び

香水選びの基本は種類と目的

香水はお洒落アイテムとして女性だけなく男性も使用していますが、正しい用法を守り、また自分に合った香水を選ぶことができなければ香りを満足に楽しむことは難しいと思われます。香水に興味を持つきっかけとなるお洒落への関心や、テレビ等で紹介される「あの芸能人も使っている〜」といった触れ込みなど理由は香水を使う理由は様々ですが、香水をつけることを習慣としていない場合はどのようにして選べばいいのか、香水について右も左も分からない状態になってしまうでしょう。そこで、このページではごく基本的な香水選びのための心構えについてご説明します。

目的のない香水の使用はNG

お洒落を目的とした香水の購入、はたまたリラックスできる香りが欲しいために購入、自分自身をアピールする目的で購入・・・といった具合に、香水を購入する方の多くは何かしらの目的を設定しているものです。目的なく香水を購入しても付け方にこだわりが見られずただ単に香りのする水をつけた状態になってしまうので、やはり購入する以上は「何故香水を必要とするのか」を明確にしておきましょう。香水を購入する人の殆どはお洒落を目的としているかと思われますが、お洒落にキメるとしてもどのような香水がどういったシチュエーションに合うのかもきちんとリサーチしておくとミスのない買い物ができるかと思われます。

肌荒れにご用心

香水はスプレータイプやアドマタイザーなど使用者が必要だと思う量を肌につけるものですが、敏感肌の方はアルコールが含まれる香水をつけるだけで肌に赤みがでたりかゆみ等が発生するので、香りがいいという理由だけで安易に香水を購入するのはオススメできません。肌質はpHという数値によって判別でき、酸性かアルカリ性かによって付けた香水に若干変化が見られることも踏まえ、自分の肌がどのタイプかもきちんと把握しておくと良いでしょう。

店頭で選ぶときの注意点

香水の香りはトップノート、ミドルノート、ラストノートの三段階に分かれており、ほぼ全ての香水はこの三つの香りで構成されています。トップノートとは付けはじめの香りのことで、ミドルノートは付けてからしばらく経ってからの香り、ラストノートは言葉の通り効果のある時間の最後付近の香りとなっています。店頭で手のひらにちょっとつけてどのように香るかを調べるのは基本ですが、トップの香りは気に入ってもミドルからラストにかけて自分好みではないケースもよくあるので、香水を選ぶ時はこのトップ・ミドル・ラストの香りについてもチェックしておきましょう。