タイプ別の正しい用法

知れば知るほど気になる!香水豆知識
自分に合った香水選び
シーンに合わせた香水選び

用法を守って素敵な香りを楽しもう

香水を始めたばかりの方によく見られる、多めに使用しすぎて折角の香りがただのキツい匂いとなるケース、その逆に使用量が少ないために香りを十分に味わえないケースがあります。香水を購入するときはどういった香りなのかを試しに嗅ぐことができるため購入後に「こんな香りじゃなかった」という不満はできることはないと思いますが、試しの量と実際に使用する際の量に大きな差があると香りにも当然差が出てくるの注意しておきましょう。香水の種類で解説してある各タイプ毎の基本的な使用方法について解説しますので、是非参考にしてください。

タイプ別使用方法一覧

■パフューム(P)

純度90のアルコールに対して香料の割合は15〜30%程度のパフュームは他の香水に比べて最も持続時間が長いタイプです。アルコールの量も少なめなため香りの変化や劣化がしにくく、また香りが過度に拡散しないため非常に使いやすいタイプと言えます。しかしながら若干高価なタイプなのでオードトワレやオーデコロンのほうを購入する方も多いとか。またブランドもオードトワレやコロンを出していてもパフュームタイプはない場合も多い。

■オーデパルファム(EDP)

純度90のアルコールに対して10〜20%程度の香料が使用されているオーデパルファムは香りが濃厚です。スプレータイプなどがありますが、香りが濃いため量を間違えるとキツい匂いになりがちです。一度の使用量が少なめなロールオンアドマイザーを使うか、ごく少量を手にとるようにしましょう。

■オードトワレ(EDT)

純度80のアルコールに対して香料が10〜15%程度使用されているタイプ。このタイプは比較的安価で手にはいるため香水を始めたばかりの人はこちらを購入することも多いと思います。エタノール含有量が少ないタイプなので扱いやすいと思いきや、香りが拡散しやすいため普段露出している肌に付けるだけでも少々香りがキツめに感じるでしょう。拡散しやすいということはそれだけ自分と周囲に香りを撒くことになるため、ほのかに香る程度にしておきたのであれば、衣服の下の肌に少量つける程度で十分です。

■オーデコロン(EDC)

純度約80のアルコールに対して香料が3〜5%程度使用されたオーデコロンは持続時間が短めです。そのため、試しに付けてみたい香水はオーデコロンのほうがいいかもしれません。店頭で気に入った香りでも実際に使ってみると思ったほどでもなかった・・・というケースは結構起こるものなので、自分が本当に気に入るタイプの香水かどうか試すのであればオーデコロンタイプにしておきましょう。持続が短い分、刺激臭がするのであまり人が多い場所等で使用するのは好まれません。屋外で使用する分には特に問題はないでしょう。

■オーサントゥール(EDS)

アルコールが一切使用されていないタイプで、使用されている香料の割合は約1%程度。こちらはスプレータイプが良く見かけられますがフラコン(瓶)タイプのものも多いです。アルコールが使われていないので肌が弱く香水を付けることで肌荒れを気にする方にオススメできます。肌が弱い方小さいお子さんなどにも使用できるので、結婚式やパーティなど家族で出席する場合にお洒落としてお子さんにつけてあげるのもいいかもしれません。